DTPでよく使う専門用語をわかりやすく説明いたします。

[ 凸版印刷 金子眞吾社長 平成23年 年頭挨拶 ]

凸版印刷
金子眞吾社長 年頭挨拶(要旨)     

皆さん自身の固い決意で、
「印刷テクノロジー」によるビジネスモデルの変革を!

 あけましておめでとうございます。
今年もみなさんとともに新年を迎えることができました。
 私はこの1年を「変革と挑戦」を具体的に進める年にしたいと考えています。社会や市場環境が急激に変化する過渡期には、社会や生活者が困っている大きな社会的課題が存在します。私たちはこの社会的課題の解決に全力を挙げて挑戦し、自身を変革する好機とするとともに、社会に貢献しながら事業を成長させることが必要です。これまで凸版印刷が培った技術力「印刷テクノロジー」をリソースとして、既存のビジネスモデルを変革し、新しい発想で再生、進化させる。まさに2011年は今後100年、成長していくために新しいエンジンを大きくつくりかえるタイミングなのです。
そこで、「変革と挑戦」への決意を込めて、本年の経営スローガンを、『「印刷テクノロジー」でビジネスモデルの変革を進めよう』としました。
このスローガンを推進するにあたり、本年3つの経営課題に取り組みます。
 第一は「グループを含めた構造改革の遂行」です。
昨年、グループ会社もふくめて、品種別の製造体制を強化しました。全国各地、すべてを横串にしたような製造事業部をつくり、利益の最大化が図る「全体最適」の考え方を取り入れました。また、設備投資や販売部門についても同様の考えで新しい取り組みを実施していますグループを含め、聖域のない「構造改革」を、今年も緩むことなく引き続き進めていきます。
 第二は、「新事業・新市場の創出」です。
昨年、産業資材分野の反射防止フィルムや有機ELディスプレイ分野では他社とアライアンスを組み事業強化を図りました。研究開発を強化し凸版印刷が培った「印刷テクノロジー」を磨き、必要であれば事業分野や国内外を問わず、他社ともアライアンスを組んで新事業をスピーディーに創りあげていきます。
 第三は、「グローバルな事業展開の加速」です。
凸版印刷は、2015年に連結売上高で海外比率30%以上を目標に、アジア、特に中国ビジネスにスピードをあげて取り組みます。そのために、昨年4月から上海に取締役を常駐させ、スピーディーな意思決定ができるようにしました。成長著しい中国市場を重視し、中国を足がかかりにインドネシア、タイなどの東南アジア市場の更なる拡大と、インド・南米市場の開拓を目指していきます。
 社内にあって変革を阻む「壁」や「阻害要因」は私が取り除きます。しかし凸版印刷が「変革」を成し遂げるためには、皆さん一人ひとりの「力」と「自らの決意」が欠かせません。変革の時代に、悲観的に世の中を眺めれば、闇夜が続くように見えますが、発想を変えれば大きな可能性が拡がっています。2011年を「変革」を成し遂げる年として、自らの決意を胸に、ともに汗を流し、知恵を出し合い、気合を入れて頑張っていきましょう!

HOMEに戻る

イラストレータ学ぶならこれ!
DTP用語集サイト推薦本です。
お勧め本
学校なんかより独学で学んでる人が現場では活躍しています。
この本でだめなら諦めよう!
ベジェ曲線学ぶならこれ!
DTP用語集サイト推薦本です。
お勧め本
学校なんかより独学で学んでる人が現場では活躍しています。
この本でだめなら諦めよう!
フォトショップ学ぶならこれ!
DTP用語集サイト推薦本です。
お勧め本
学校なんかより独学で学んでる人が現場では活躍しています。
この本でだめなら諦めよう!

ホームページ制作なら

ホームページの制作・SEO対策はお任せください。
www.sc-webs.com/

会社案内の制作なら

貴社の会社案内の製作は弊社にお任せください
www.sc-guide.com/

折込チラシの折りコム

折込チラシ・ポスティング広告デザイン・作成ならお任せ!
www.sc-orikomi.com/