DTPでよく使う専門用語をわかりやすく説明いたします。

[ メディアテクノロジー ジャパン・印刷分野における環境ビジネスを強化 ]

メディアテクノロジージャパン(東京都千代田区、雨森章社長)はこのほど、クレコ・ラボ(東京都千代田区、代表取締役:興津世禄)との間で印刷業界向けのカーボンフットプリント(以下、CFP)に関する協業契約を締結。同業界の主要企業を対象としたCFP認証支援サービスの提供を開始した。
近年、地球温暖化防止に向けた取り組みは産業界における最重要課題であり、特にCO2排出量の大幅な削減が急務となっているため、まず各企業の商品のCO2排出量を「見える化」して把握することが重要なテーマとなっている。
CFPは、原材料の調達から製造、流通、使用、廃棄・リサイクルに至るまでのライフサイクル全体で排出されるCO2の量を商品ごとに表示するもので、印刷業界でも2010年に「宣伝用および業務用印刷物」のルールが認証され、印刷会社や発注者による印刷物へのCFPマークの表示が可能となった。
昨年12月に開催された日本最大級の環境展示会「エコプロダクツ2010」においても、配布される印刷物の多くにCFPマークが表示されていたほか、ISOの規格化の進展もあり、今後はワールドワイドに広く普及することが予想されている。
このような業界の動向を背景に、印刷業界における環境ビジネスの展開を目指す両社は、「印刷業界向けカーボンフットプリントの認証支援サービスの提供」を実施することに合意した。
メディアテクノロジージャパンの持つ印刷業界向けソリューション事業における豊富な実績やノウハウと、クレコ・ラボ社の環境ソリューション分野での実績に基づくコンサルティングを融合し、それぞれの強みを最大限に生かし、印刷業界の環境ビジネスにおいて強力なリーダーシップを発揮していく。
両社はすでに、金羊社(東京都大田区、浅野 健社長)の本社で定期開催されている「ミュージックジャケットギャラリー常設展」の案内チラシに関してCFPの認証支援を実施し、正式に認定されている。
今後は、ASPを使用してCO2排出量算出ソフトウエアを提供し、排出量の見積りを可能にしていく予定となっている。
今回の協業を機に両社は、「エコロジーはエコノミー」をキャッチフレーズに印刷業界への環境ソリューションを推進し、CFP制度への対応を強力に支援するとともに、CO2削減にも貢献していく。

HOMEに戻る

イラストレータ学ぶならこれ!
DTP用語集サイト推薦本です。
お勧め本
学校なんかより独学で学んでる人が現場では活躍しています。
この本でだめなら諦めよう!
ベジェ曲線学ぶならこれ!
DTP用語集サイト推薦本です。
お勧め本
学校なんかより独学で学んでる人が現場では活躍しています。
この本でだめなら諦めよう!
フォトショップ学ぶならこれ!
DTP用語集サイト推薦本です。
お勧め本
学校なんかより独学で学んでる人が現場では活躍しています。
この本でだめなら諦めよう!

ホームページ制作なら

ホームページの制作・SEO対策はお任せください。
www.sc-webs.com/

会社案内の制作なら

貴社の会社案内の製作は弊社にお任せください
www.sc-guide.com/

折込チラシの折りコム

折込チラシ・ポスティング広告デザイン・作成ならお任せ!
www.sc-orikomi.com/