DTPでよく使う専門用語をわかりやすく説明いたします。

[ HP・最上位モデル「Indigo 7500」を発表 ]

小ロットから大量印刷までオフ品質を実現
日本ヒューレット・パッカード(略称:日本HP、本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:小出 伸一)は、高品質な印刷を実現する印刷業界向けのデジタル印刷機、「HP Indigo デジタル印刷機」の最上位モデルとして「HP Indigo 7500 デジタル印刷機(以下Indigo 7500)」を発表した。2月2日から発売を開始した。価格は8千400万円。 
 HP Indigo デジタル印刷機は、平均1μmの極小粒子による高い記録解像度を備えた「HPエレクトロインキ」と、生産性と耐久性に優れたデジタルオフセット機構により、小ロット印刷から大量印刷まで幅広い印刷ニーズにオフセット品質で対応する。今回発表の新製品によって、同シリーズは、初めてデジタル印刷機の導入を検討されているお客様から、より高い生産性を求めるお客様まで、予算や目的に応じて最適な製品を選択できるようになった。
 主な特長は以下の通りです。
▽最大7色印刷(オプション対応)・オフセット品質を実現する「HPエレクトロインキ」「Indigo 7500」が採用する「HPエレクトロインキ」は、粉体トナーの約1/5となる平均1μmの極小粒子によって、オフセット印刷に匹敵する高い印刷品質を実現する。
 「Indigo 7500」は、標準の4色(シアン、マゼンタ、イエロー、ブラック)に加えて、ライトシアン、ライトマゼンタといったフォトインキ、さらに透明、メタリック、カラーメディアなど特殊素材への印刷を可能にするホワイトインキや特色対応など、高付加価値印刷を提供する。「Indigo 7500」は、PANTONEカラーの97%と幅広い色域をカバーする。
▽高い生産性を実現するデジタルオフセット機構・A3ノビサイズまでの印刷に対応する
「Indigo 7500」は、4色カラー印刷が最速120ページ/分(A4サイズ)、2色/1色の印刷は最速240ページ/分の高速印刷が可能。また、印刷機に内蔵されたインテリジェントオートメーション機能「ビジョンシステム」により、キャリブレーションと自己診断を自動で行うことで、印刷機の稼働時間を最大化する。
▽大量印刷においてランニングコストを軽減する「クリックチャージプログラム」
「クリックチャージプログラム」とは、出力枚数に応じて料金を課金する仕組みで、インキを含む、ブランケット、ローラーなどの消耗品の提供を含む。カラー印刷の場合は、印刷量に応じて単価が下がるため、特に印刷量が多いお客様は大幅にコストを低減できる。また、モノクロ、および2色印刷の場合は、ページ単価をそれぞれ1円、1.25円で算出するため、コスト管理が容易となる。
▽幅広いメディアに対応・世界中で2,500種類以上のメディアがIndigoに対応している
国内においても主要なメディアパートナーとの検証を重ね、幅広いメディアの対応が可能となる。
▽ 損紙や廃棄物を低減する優れた環境性能・「Indigo 7500」は、オフセット印刷機と比較して、試し刷りに要する損紙をほとんど必要とせず、コストと環境に優しい印刷が可能。また、印刷時に発生する油成分を冷却して回収するオイルリサイクリング機能を搭載しているため、有害物質を外部に排出しない。
 主なスペックは次の通り。
▽印刷速度(*2)4色: 120ページ/分(両面)、2色/1色: 240ページ/分(両面)
▽対応インキ: 4色(標準)、最大7色(オプション対応)
▽印刷解像度: 2,438 × 2,438 dpi(高解像度モード)
▽保証: 6ヶ月保証

HOMEに戻る

イラストレータ学ぶならこれ!
DTP用語集サイト推薦本です。
お勧め本
学校なんかより独学で学んでる人が現場では活躍しています。
この本でだめなら諦めよう!
ベジェ曲線学ぶならこれ!
DTP用語集サイト推薦本です。
お勧め本
学校なんかより独学で学んでる人が現場では活躍しています。
この本でだめなら諦めよう!
フォトショップ学ぶならこれ!
DTP用語集サイト推薦本です。
お勧め本
学校なんかより独学で学んでる人が現場では活躍しています。
この本でだめなら諦めよう!

ホームページ制作なら

ホームページの制作・SEO対策はお任せください。
www.sc-webs.com/

会社案内の制作なら

貴社の会社案内の製作は弊社にお任せください
www.sc-guide.com/

折込チラシの折りコム

折込チラシ・ポスティング広告デザイン・作成ならお任せ!
www.sc-orikomi.com/