DTPでよく使う専門用語をわかりやすく説明いたします。

[ 大日本印刷 国内初、牛久工場が中国銀聯カードの製造・発行者認定を取得 ]

大日本印刷(DNP、北島義俊社長)のICカードや磁気カードなど、各種カードの主力製造拠点である牛久工場(茨城県牛久市)は、中国銀聯(ちゅうごくぎんれん)ブランドのクレジットカードの発行者認定をこのたび取得した。
同工場は、2009年7月に同ブランドのカード製造者認定を取得しており、今回の発行者認定取得によって、銀聯ブランドのカード製造から発行まで一貫した生産体制を国内で初めて確立しました。これによりDNPは、Visa、MasterCard、JCB、American Express、Diners、銀聯の大手6社全ての製造・発行者認定を取得した唯一の国内ベンダーとなった。
今後、DNPは、国内だけでなくアジアを中心とした海外の金融機関向けに、クレジットカード、デビットカード、交通乗車券、電子マネー、会員証など付加価値の高い磁気カードやICカードを提供することで、銀聯ブランドの需要拡大に対応していく。
【銀聯カードについて】
銀聯カードは、中国国内の銀行間のネットワーク決済を行う「中国銀聯(China UnionPay Co., Ltd.、中華人民共和国上海市)」が発行するクレジット・デビットカード。銀聯カードの発行枚数は約22.6億枚に達し、取扱高は7.7兆元(日本円で約94兆円)、世界の90を超える国や地域の約244万店(中国国内181万店、海外63万店)で利用されている。日本国内でも百貨店や家電量販店を中心に加盟店が2万店を超えるまでに急速に拡大している。
【DNPのICカードについて】
DNPは、1981年にICカードの研究を開始して以来、カードの製造・発行、ICカードに搭載するソフトウェア開発、ネットワーク関連の技術・ノウハウを蓄積し、顧客ニーズに合わせたさまざまな製品やサービスを提供してきた。生体認証や電子マネー、キャッシュ・クレジット一体型といった多機能な製品から、メモリ容量や機能を絞り込んだ低価格な製品まで、幅広いラインナップを揃えている。DNPは、国内ICカード市場の4割以上、特にICキャッシュカードでは8割以上のシェア(採用金融機関数)を獲得している。近年、交通乗車券や電子マネーなどに利用され、市場が拡大している非接触方式の電子マネーカードでも約6割のシェアを獲得するなど、国内No.1のICカードベンダー。

HOMEに戻る

イラストレータ学ぶならこれ!
DTP用語集サイト推薦本です。
お勧め本
学校なんかより独学で学んでる人が現場では活躍しています。
この本でだめなら諦めよう!
ベジェ曲線学ぶならこれ!
DTP用語集サイト推薦本です。
お勧め本
学校なんかより独学で学んでる人が現場では活躍しています。
この本でだめなら諦めよう!
フォトショップ学ぶならこれ!
DTP用語集サイト推薦本です。
お勧め本
学校なんかより独学で学んでる人が現場では活躍しています。
この本でだめなら諦めよう!

ホームページ制作なら

ホームページの制作・SEO対策はお任せください。
www.sc-webs.com/

会社案内の制作なら

貴社の会社案内の製作は弊社にお任せください
www.sc-guide.com/

折込チラシの折りコム

折込チラシ・ポスティング広告デザイン・作成ならお任せ!
www.sc-orikomi.com/