DTPでよく使う専門用語をわかりやすく説明いたします。

[ リョービ・オフセットとPODを融合 ]

リョービ(吉川進社長)はこのほど、オフセット印刷ユニットの後にインラインで、1枚ごとにプリントイメージを変えて印刷が行えるコダックのインクジェットヘッドを搭載した印刷機を開発した。
この商品は同社の主力機種のひとつであるB2判多色オフセット印刷機「RYOBI750シリーズ」をベースに、高速インクジェット装置とNIR(NEAR INFRARED、近赤外線)乾燥装置およびニスコーティングユニットを連結しており、高品質なオフセットカラー印刷と可変データに対応できるデジタル印刷のメリットを融合した新しい印刷システムとなっている。
これにより、ダイレクトメールの宛名印刷やチケット類の番号印刷、バーコード印刷など、従来のオフセット印刷ではできなかったバリアブルの印刷サービスがワンパスで提供可能となる。
 近年、極小ロットや短納期に対応したPOD(プリントオンデマンド)印刷技術が注目を集めており、さまざまなPOD対応のオンデマンド印刷機が発売されている。
一方、既存のオフセット印刷は大ロットに強く、高品質・低コストで高速印刷が行えるという強みを持っており、両者のメリットを兼ね備えた新しい方式の印刷機が求められていた。
また、PODでの印刷後、別工程でニスコーティングするケースもあり、ニスコーティングにもフレキシブルにワンパスで対応し、付加価値を高めるハイブリッド印刷システムが市場から要望されていた。
同社では、このようなニーズに対応し、オフセット印刷とバリアブル印刷の双方のメリットを生かせ、なおかつニスコーティングユニット付きのバリエーションを選択した場合、さまざまなニスコーティングまでがワンパスで行なえる新しいビジネス展開を可能とするオフセット印刷機を開発することとなった。
 この新しい印刷方式によって、多面付けされたダイレクトメールの宛名印刷、ナンバリング・QRコード、店名差し替えなどの大量の仕事がインラインで高速に処理できるため、生産性を飛躍的に高めることができる。
なお、国内での1号機は長野県の小松総合印刷様に2010年12月に導入され、現在、順調に稼働をしている。
 リョービではインクジェット方式と融合したオフセット印刷機を顧客志向に伴う多品種、One to Oneマーケティングの印刷需要の変化に対応できる新しいビジネスモデル展開が可能なオフセット印刷機として提案をしていく。

HOMEに戻る

イラストレータ学ぶならこれ!
DTP用語集サイト推薦本です。
お勧め本
学校なんかより独学で学んでる人が現場では活躍しています。
この本でだめなら諦めよう!
ベジェ曲線学ぶならこれ!
DTP用語集サイト推薦本です。
お勧め本
学校なんかより独学で学んでる人が現場では活躍しています。
この本でだめなら諦めよう!
フォトショップ学ぶならこれ!
DTP用語集サイト推薦本です。
お勧め本
学校なんかより独学で学んでる人が現場では活躍しています。
この本でだめなら諦めよう!

ホームページ制作なら

ホームページの制作・SEO対策はお任せください。
www.sc-webs.com/

会社案内の制作なら

貴社の会社案内の製作は弊社にお任せください
www.sc-guide.com/

折込チラシの折りコム

折込チラシ・ポスティング広告デザイン・作成ならお任せ!
www.sc-orikomi.com/