DTPでよく使う専門用語をわかりやすく説明いたします。

[ 大日本印刷 ECサイトを低コスト・短期間でスマートフォン・携帯電話向けサービスを開発 ]

大日本印刷(DNP、北島義俊社長)は、パソコンのEC(Electronic Commerce:電子商取引)サイトの画面表示や操作性などのインターフェイスを、スマートフォンや携帯電話などのモバイル端末に合わせて自動的に最適化するシステム『SAGASELL(サガセル)』を開発した。
このシステムは、情報システムの開発に携わるウィナス(東京、浜辺拓社長)のモバイル向けFlash自動生成エンジン『SMOOTH INTERFACE(スムーズインターフェース)』を活用し、共同開発した。3月7日から、ソフトウェアの利用に応じて料金を支払うSaaS(Software as a Service)型サービスとして提供する。
 近年、パソコンに加えて、携帯電話やスマートフォンなどのモバイル端末を利用したインターネットショッピングが急速に増加している。指先で画面に触れて、リンク先へのアクセスや文字・画像の拡大・縮小・スライドなどの操作を行うスマートフォンを利用する場合は、パソコン用に作成されたインターフェイスでは文字の間隔が狭く、誤ったリンク先につながるなど、スムーズに操作できない恐れがある。そのため、スマ−トフォンなどのモバイル端末の画面サイズに合わせた最適なインターフェイスを迅速に低コストで開発したいという、ECサイトを展開する企業からのニーズが高まっている。
 このような状況を受けてDNPは、既存のECサイトのデータを利用して、自動的にスマートフォンや携帯電話などのモバイル端末向けにインターフェイスを最適化するシステムSAGASELLを開発した。
【システムの特長】
■ 導入しやすいSaaS型サービス
▽SaaSサービスで提供するため、ECサイト事業者などの導入コストを抑えることができる。
▽既存のECサイトのシステムと連携して動作するため、モバイル端末向けのECサイトの画面作成や運用、サーバー管理などの新たな業務は発生せず、低コスト・短納期で導入することができる。
▽既存のECシステムから抽出したXMLフォーマットの商品データを、SAGASELLにてモバイル端末向けに最適化する。そのため、既存ECシステムの開発負荷を最小限に抑えられる。
■ 端末に合わせた最適なヴィジュアルと操作性を実現
▽各端末の画面サイズに合わせて、直感的に触れて操作できるデザインや、スクロール機能による商品一覧などを最適化するため、デザイン性と操作性を兼ね備えたインターフェイスを実現する。
▽スマートフォン用はHTML5、携帯電話用はFlashにて、それぞれ標準的なテンプレートに商品データを自動的に流し込んでページを生成するため、ほぼ全ての機種で最適化した画面が利用できる。

HOMEに戻る

イラストレータ学ぶならこれ!
DTP用語集サイト推薦本です。
お勧め本
学校なんかより独学で学んでる人が現場では活躍しています。
この本でだめなら諦めよう!
ベジェ曲線学ぶならこれ!
DTP用語集サイト推薦本です。
お勧め本
学校なんかより独学で学んでる人が現場では活躍しています。
この本でだめなら諦めよう!
フォトショップ学ぶならこれ!
DTP用語集サイト推薦本です。
お勧め本
学校なんかより独学で学んでる人が現場では活躍しています。
この本でだめなら諦めよう!

ホームページ制作なら

ホームページの制作・SEO対策はお任せください。
www.sc-webs.com/

会社案内の制作なら

貴社の会社案内の製作は弊社にお任せください
www.sc-guide.com/

折込チラシの折りコム

折込チラシ・ポスティング広告デザイン・作成ならお任せ!
www.sc-orikomi.com/