DTPでよく使う専門用語をわかりやすく説明いたします。

[ 凸版印刷 イオンリテールが展開するギフトカードモールへ運用支援サービスを提供 ]

凸版印刷(金子眞吾社長)は、日本における「ギフトカード」の市場拡大を目的に「ギフトカードモール」の導入支援サービスを提供していたが、このたび、イオンリテール(イオン、村井正平社長)が展開する国内初の本格的なギフトカードモールサービス「うれしーど」において、運用も含めた総合的な支援サービスが採用された。
 イオンのギフトカードモール「うれしーど」は、国内初の本格的ギフトカードモールとして、2010年12月から関東地区81店舗で試験的にサービスを実施。2011年3月から全国のイオンに順次拡大されている。
 また「うれしーど」で販売されるカードの種類も「日比谷花壇」をはじめ「劇団四季」「HMV」「リンベルギフトカタログ」など14社40種へと増加し、本格的なサービス展開を開始する。
 さらに、2011年夏までに販売カードを増やし、約100種類のカードが取り扱われる予定。
(「うれしーど」公式HP http://www.ure-seed.com/)
 凸版印刷は「うれしーど」の導入に際し、「ギフトカード」ビジネスにおけるノウハウをもとに、業務提携する富士通エフ・アイ・ピー(:杉本信芳社長)およびインコム・ジャパン(荒井琢麿社長)と協力し、店頭端末の開発や業務設計などの支援業務を行うとともに、サービススタート後も新規カードの獲得に向けた営業活動や、在庫・物流管理、コールセンター運営、プロモーション業務などの総合支援を行っている。
 日本国内におけるギフトカードのマーケットは、大手GMSやアパレルショップ・雑貨店・飲食店での導入が進み、2011年2月時点での導入企業数は約220社32,000店舗にまで拡大している。
 一方、米国では自社ギフトカードの販売だけでなく、他社のギフトカードを自社の店頭に陳列し販売する「ギフトカードモール」が業績を伸ばし、日本国内でも新しいビジネスモデルとして注目を集めている。
 凸版印刷では、今後、「ギフトカードASPサービス」を導入する企業に「ギフトカードモール」への参加の提案をすすめるとともに、「ギフトカードASPサービス」の新規導入企業獲得に向け、積極的な提案活動をすすめていく。
 なお、『イオンのギフトカードモール「うれしーど」』は、2011年3月8日から11日に開催される「リテールテックJAPAN 2011」(会場:東京ビッグサイト、主催:日本経済新聞社)のトッパンブースにて紹介される。

HOMEに戻る

イラストレータ学ぶならこれ!
DTP用語集サイト推薦本です。
お勧め本
学校なんかより独学で学んでる人が現場では活躍しています。
この本でだめなら諦めよう!
ベジェ曲線学ぶならこれ!
DTP用語集サイト推薦本です。
お勧め本
学校なんかより独学で学んでる人が現場では活躍しています。
この本でだめなら諦めよう!
フォトショップ学ぶならこれ!
DTP用語集サイト推薦本です。
お勧め本
学校なんかより独学で学んでる人が現場では活躍しています。
この本でだめなら諦めよう!

ホームページ制作なら

ホームページの制作・SEO対策はお任せください。
www.sc-webs.com/

会社案内の制作なら

貴社の会社案内の製作は弊社にお任せください
www.sc-guide.com/

折込チラシの折りコム

折込チラシ・ポスティング広告デザイン・作成ならお任せ!
www.sc-orikomi.com/