DTPでよく使う専門用語をわかりやすく説明いたします。

[ GBM・ポイントカードシステムの導入費用半減へ ]

ゼネラルビジネスマシン(大阪市鶴見区、新井弘一社長)はこのほど、40年以上にわたるポイントカード発行システムの製造・販売の経験を生かし、QRコードを書き換えながら使うポイントカードシステムを発売した。
同社が今回発売した新しいタイプのバーコードリーダーターミナル「RITA(リタ)」は、カードにコードの印字と消去を繰り返す仕組みが採用されているものとして注目を集めている。
従来のカードは、カード上に目に見えない形で顧客データを磁気上に書き、その内容をリーダーライター側で識別し、カード上には顧客のポイントデータを視覚的に見える状態で書き込みされていた。
今回、同社が発売したポイントカードシステムは、磁気読み取りの対応をQRコード読み取りに変えることで、大幅にリライト機とリライトカードの価格を下げることに成功したものであり、導入費用が半減できるため、幅広い客層の顧客にポイントカードシステムが導入しやすくなる。
カードは、テレホンカードと同じポリエチレンテレフターレート(PET)製で、感熱式でコードを印字され、ポイント記録のほか、携帯電話のカメラでQRコードを読み込み、店舗情報や購入履歴を呼び出すといった使い方もできる。
また、バーコードリーダーターミナル「RITA」は、「読む」「書く」「消す」の3拍子が揃っており、バーコードのリライト品質を向上させることによって、磁気カードと同等の運用が実現できるものとなっている。
さらに、バーコードリーダーターミナル「RITA」に同社が開発している顧客管理ソフトや売上集計/顧客管理ソフト「FSP―MANAGER」シリーズを連携することで緻密な顧客管理が可能になるほか、イベントの効果測定・分析と店主が知りたかった自店の情報が簡単に抽出でき、店舗の繁栄につながる重要な情報が抽出できるようにできる。
バーコードリーダーターミナル「RITA」には、プリンタータイプとスタンドアロンタイプの2種類が用意されている。
価格はバーコードリーダーターミナル「RITA」は10万円以下(1台導入の場合)で、カードは1枚120円前後を予定。初年度は5000台の販売を目標としている。
 なお、同製品は3月8日〜11日まで東京ビッグサイトで開催されている「リテイルテックJAPAN2011(第27回流通情報システム総合展)」の会場で初披露されている。

HOMEに戻る

イラストレータ学ぶならこれ!
DTP用語集サイト推薦本です。
お勧め本
学校なんかより独学で学んでる人が現場では活躍しています。
この本でだめなら諦めよう!
ベジェ曲線学ぶならこれ!
DTP用語集サイト推薦本です。
お勧め本
学校なんかより独学で学んでる人が現場では活躍しています。
この本でだめなら諦めよう!
フォトショップ学ぶならこれ!
DTP用語集サイト推薦本です。
お勧め本
学校なんかより独学で学んでる人が現場では活躍しています。
この本でだめなら諦めよう!

ホームページ制作なら

ホームページの制作・SEO対策はお任せください。
www.sc-webs.com/

会社案内の制作なら

貴社の会社案内の製作は弊社にお任せください
www.sc-guide.com/

折込チラシの折りコム

折込チラシ・ポスティング広告デザイン・作成ならお任せ!
www.sc-orikomi.com/