DTPでよく使う専門用語をわかりやすく説明いたします。

[ 大日本印刷 JR東日本の震災復興イベントを支援、福島の観光・物産情報を提供 ]

大日本印刷(DNP、北島義俊社長)は、東京駅東日本復興支援実行委員会が開催するイベントに協賛し、省エネ・節電に対応したフルカラー電子ペーパーを活用したデジタルサイネージで福島県の観光・物産情報を提供する。
このイベントは、JR東京駅構内のびゅうスクエアに設けた東日本復興支援スペース"お祭りストリート"で「応援ありがとう!ふくしま観光物産 大感謝祭」として、7月15日〜17日に福島県の観光・物産情報の提供を行う。
 今回使用するフルカラーの電子ペーパーは、ブリヂストン(荒川詔四社長)が開発したもので、A3サイズの電子ペーパーを9枚組み合わせた約60インチの大型サイズのデジタルサイネージとして展示する。
 DNPは、新たな情報発信メディアとしてデジタルサイネージの企画・開発にいち早く取り組み、企業などがデジタルサイネージを導入する際のコンサルティングサービスから機器の選定、コンテンツ制作や配信システムの運用・保守までトータルなサービスを提供している。6月には、ディスプレーの輝度を下げても美しい映像を表示できる色調補正器『FANAT COLOR(TM)(ファナットカラー)』を発売するなど、省エネ・節電に対応したデジタルサイネージの開発にも積極的に取り組んでいる。今回、さらなる省エネ・節電型デジタルサイネージの開発を推進すべく、フルカラー表示の電子ペーパーを活用した情報提供を開始した。
【フルカラー表示電子ペーパーについて】
 電子ペーパーは、動画の配信・表示に適したテレビやパソコン用ディスプレーとは異なり、主に静止画を表示する媒体として開発が進んできた。電子ペーパーの主な特長として、必要に応じて表示内容を書き換えることができるため、紙のポスターの代替メディアとしても期待されている。また、表示内容を書き換える時以外は電力が不要で、一度表示した画面は、電力が無くともそのまま保持することができるため、省エネ・節電に最適なメディアとしても注目が高まっている。
【展示概要】
展示期間 : 7月15日(金)、16日(土)の両日は11:00〜19:00、7月17日(日)11:00〜17:00
展示場所 : JR東京駅構内(B1)びゅうスクエア
展示内容 : 福島県の観光・物産情報として、檜枝岐歌舞伎などの伝統芸能や二本松提灯祭りなどのお祭り、あぶくま洞などの観光名所案内や特産物を多数紹介する。

HOMEに戻る

イラストレータ学ぶならこれ!
DTP用語集サイト推薦本です。
お勧め本
学校なんかより独学で学んでる人が現場では活躍しています。
この本でだめなら諦めよう!
ベジェ曲線学ぶならこれ!
DTP用語集サイト推薦本です。
お勧め本
学校なんかより独学で学んでる人が現場では活躍しています。
この本でだめなら諦めよう!
フォトショップ学ぶならこれ!
DTP用語集サイト推薦本です。
お勧め本
学校なんかより独学で学んでる人が現場では活躍しています。
この本でだめなら諦めよう!

ホームページ制作なら

ホームページの制作・SEO対策はお任せください。
www.sc-webs.com/

会社案内の制作なら

貴社の会社案内の製作は弊社にお任せください
www.sc-guide.com/

折込チラシの折りコム

折込チラシ・ポスティング広告デザイン・作成ならお任せ!
www.sc-orikomi.com/