DTPでよく使う専門用語をわかりやすく説明いたします。

[ 大日本印刷 国内初 植物由来のバリアフィルム『バイオマテックIB-PET』を開発 ]

大日本印刷(DNP、北島義俊社長)は、植物由来の原料を使用した包装材用の透明蒸着バリアフィルム*『バイオマテックT』を開発した。この新バリアフィルムは、DNPが開発済みの植物由来のポリエチレンフィルム『バイオマテック?PE』などと貼り合わせることで、水蒸気や酸素に対する優れたバリア性を備えた包装材に加工することができ、廃棄後の焼却時に発生するCO2排出量を最大50%削減する。量産開始は本年9月。
 DNPは持続可能性・生物多様性に配慮した包装材の実用化を積極的に推進している。その一環として、今年5月に植物由来の原料を使用したポリエチレンテレフタレート(PET)フィルム『バイオマテック』の量産を開始し、「2011日本パッケージングコンテスト」に入賞するなど高い評価を得ている。
 今回、バイオマテックPETに水蒸気や酸素の透過を抑えるバリア機能を透明蒸着によって付与したバイオマテックIB-PETを開発した。植物由来の透明蒸着バリアフィルムは国内で初めての開発事例であり、量産に向けて国内外の企業へサンプル出荷を始めている。
 包装材の内面層に用いるポリエチレン(PE)フィルムについても、植物由来の原料を使用したバイオマテックPEを開発済みで、採用が決定している。これにより軟包装の包装材を構成する主要なプラスチックフィルムについて植物由来フィルムのラインナップが揃い、高いバリア性が求められる食品や医薬品、工業製品などの包装材への利用が可能となる。
【バイオマテックシリーズの概要】
バイオマテックシリーズは、石油由来原料の一部を植物由来原料に置き換えることで石油使用量の削減を実現しながらも、石油由来フィルムと同等の物性と加工適性を有している製品。同シリーズのフィルムを組み合わせて製造する包装材は、石油使用量を最大50%削減するとともに、焼却時のCO2排出量も最大50%削減する。一般的に植物由来フィルムは石油由来フィルムに比べて高価だが、バイオマテックシリーズを用いた包装材は製造コストを2〜3割程度の上昇に抑えた。
バイオマテックPET :包装材の最表面の印刷層に用いられるフィルム。原料の約30%を占めるエチレングリコールを石油由来からサトウキビ由来のバイオエタノールに置き換え、石油使用量を約30%削減した。
バイオマテックIB-PET :今回開発した新製品で、包装材の中間層に用いられる高いバリア性を備えたフィルム。DNP独自の透明蒸着技術を用いて表面に透明な薄膜(バリア層)を形成し、水蒸気や酸素による内容物の劣化を防ぐ。
バイオマテックPE :包装材の内面層に用いられるフィルム。サトウキビ由来のPEを使用し、石油由来の製品に比べて石油の使用量を50〜60%程度削減した。密封性や強度、風合いを高めるフィルム。
【バイオマテックシリーズの主な用途】
食品、菓子、トイレタリー、医薬品、工業製品など幅広い分野の包装材向け

HOMEに戻る

イラストレータ学ぶならこれ!
DTP用語集サイト推薦本です。
お勧め本
学校なんかより独学で学んでる人が現場では活躍しています。
この本でだめなら諦めよう!
ベジェ曲線学ぶならこれ!
DTP用語集サイト推薦本です。
お勧め本
学校なんかより独学で学んでる人が現場では活躍しています。
この本でだめなら諦めよう!
フォトショップ学ぶならこれ!
DTP用語集サイト推薦本です。
お勧め本
学校なんかより独学で学んでる人が現場では活躍しています。
この本でだめなら諦めよう!

ホームページ制作なら

ホームページの制作・SEO対策はお任せください。
www.sc-webs.com/

会社案内の制作なら

貴社の会社案内の製作は弊社にお任せください
www.sc-guide.com/

折込チラシの折りコム

折込チラシ・ポスティング広告デザイン・作成ならお任せ!
www.sc-orikomi.com/