DTPでよく使う専門用語をわかりやすく説明いたします。

[ 【IGSA2011出展情報】ホリゾンインターナショナル ]

ホリゾン・インターナショナルは、オフセット印刷とデジタル印刷が拮抗する時代背景を捉え、「IGAS2011」において、同社では4つのゾーンと2つのコーナーに分けて、最新鋭の製本機器を展示し、多品種少量生産、多品種バリアブル生産に最適な各ソリューションが実演を交えて分かりやすく紹介する。
同社ブースでは、900uで展示スペースに30種類の後処理機器に加え、MISから一元的に管理できるJDFワークフローをはじめ、ワントゥワン市場までも見据えた独自のトラッキングシステム等まで拡張した内容で仕組みの中のポストプレスとして提案する。
構成の詳細は2つのプレゼンテーションと無線綴じ製本ゾーン、中綴じ製本ゾーン、紙折りゾーン、Digital Finishingゾーンの4つのゾーンと能書・ミニ折りコーナー、フォトブックコーナーの2つのコーナーに分けて各分野に最適な最新機器を紹介する。
中でもメインの展示となる2つのプレゼンテーションではデジタル印刷向けの流れとオフセット印刷向けの流れに分けて最新のポストプレス機器の実演を行う。
また、それぞれのプレゼンテーションは関係ベンダーとのコラボレーションで進行する。
概要は次の通り。
デジタル印刷向けの流れでは、大日本スクリーンの「Truepress Jet520」で印刷されたロール紙をスイスHunkeler社の「UW―6」「CS―6I」を介して「AF―566F Digital」に「PSX―56」を連動させることで1冊ずつのBookBlockをコンベア上に排出し、無線綴製本機「BQ―470」で製本(この時の製本表紙は「Truepress Jet SX」で印刷)、連結した三方断裁機「HT―80」で最終仕上げまで行う。
ポイントはロール紙に折り面付けしている点と、複数のJOBが1ロールに混在している点であり、大日本スクリーンの提案する「EQUIOS」から書き出されたプリセット情報で製本機器をセットアップするところとなる。
また、シート情報の読み取り、本身と表紙の整合を行うトラッキングシステムも搭載しされている。
もう一つのデジタル印刷向けの流れとして、隣接するキヤノンブースの「Oce ColorStream3500」で印刷されたロール紙を同社ブースに設置したロール紙対応中綴じ製本システム「StitchLiner6000Digital」で毎回異なる内容・枚数の冊子を高速に仕上げる流れを紹介。デジタル印刷ならではの「強み」が理解できる内容で実演される。
また、枚葉の「imagePRESS」で印刷された別刷りの用紙も途中で挿入し、ロール紙と枚葉紙の統合も紹介する(1日4回のタイムススケジュールで実施)。
一方、オフセット印刷向けのプレゼンテーションでは、小森コーポレーションの「LITHRONE G40P」で本身を、「LITHRONE S26」で表紙を印刷し、多くの自動化を取り入れた菊全サイズの全自動紙折機「AFC―746F」と「AFC―762KLS」で16ページに折り加工、そして17クランプの無線綴じ製本ライン「CABS6000」でA5サイズとA4サイズのセット替えを通して無線綴じ製本する流れを紹介する。
毎日の最終回にはPURタンクへの交換デモンストレーションも予定されている。
また、MISにトスバックシステムズの「ひだりうちわ」、プリプレスに大日本スクリーンの「EQUIOS PT―R」、プレスには小森コーポレーションの「K―Station」、ポストプレスにはホリゾンの「pXnet」を介して付け合せJOBのワークフローも提案する。
インターネットを活用したWEB受注が増え、昨今の印刷業界で求められるフローを見据えた提案でより少量生産・効率的生産の実現に向けて提案する。付け合わせJOBのワークフロー提案は初めての試みで注目のポイントとなる。

HOMEに戻る

イラストレータ学ぶならこれ!
DTP用語集サイト推薦本です。
お勧め本
学校なんかより独学で学んでる人が現場では活躍しています。
この本でだめなら諦めよう!
ベジェ曲線学ぶならこれ!
DTP用語集サイト推薦本です。
お勧め本
学校なんかより独学で学んでる人が現場では活躍しています。
この本でだめなら諦めよう!
フォトショップ学ぶならこれ!
DTP用語集サイト推薦本です。
お勧め本
学校なんかより独学で学んでる人が現場では活躍しています。
この本でだめなら諦めよう!

ホームページ制作なら

ホームページの制作・SEO対策はお任せください。
www.sc-webs.com/

会社案内の制作なら

貴社の会社案内の製作は弊社にお任せください
www.sc-guide.com/

折込チラシの折りコム

折込チラシ・ポスティング広告デザイン・作成ならお任せ!
www.sc-orikomi.com/