DTPでよく使う専門用語をわかりやすく説明いたします。

[ クラボウ・米国・IKONICS社とデジタル製版システムで契約締結 ]

クラボウ(大阪市中央区 、井上晶博社長)エレクトロニクス事業部は、米国・IKONICS社(本社:米国ミネソタ州ダルース市、ビル・ウーランド社長)が有する金型業界シボ加工向けのデジタル製版システム「DTXソリューション」の日本国内における独占販売権に関する契約を9月1日に同社と締結し、今後日本国内における拡販を強化することで合意したことを発表した。
 IKONICS社は、シボ加工用金型作成時に必要な耐酸性UVインク、転写用フィルムの開発を手がけており、ドイツのデジタル画像処理機器メーカーCST社と戦略的提携を行うことで、金型業界シボ加工向けのデジタル製版システム「DTXソリューション」を構築した。
 「DTXソリューション」は、IKONICS社の耐酸性UVインクを使い専用のインクジェット装置で出力したフィルムを直接金型表面に転写してエッチング作業を行えるので、感光材料をはじめとする資材を削減しエコなだけでなく、手間のかかるマスク作成工程が省略でき、小ロット多品種で短納期化を求められる金型業界シボ加工の作業工程に革新をもたらすものと期待されている。
 今回、クラボウでは「DTXソリューション」の日本国内における独占販売権に関する契約をIKONICS社と9月1日に締結。
同社はこれまで、CST社の製品と同社の画像処理ソフトを組み合わせることによって、のぼり旗業界向けにダイレクト製版システムを提供しており、販売後のアフターフォローの体制も含めて高い評価を得ている。
今回の「DTXソリューション」の販売により、同社がこれまで未開拓であった業界へのデジタル製版事業の拡大を図ることとなる。
 今後の取り組みとして同社では次のようにコメントしている。
 「今回CST社が、IKONICS社製の耐酸性UVインクに対応したインクジェットプリンタを開発しましたが、当社としては画像処理技術の最適化と、これまでのメンテナンス体制を活かし、シボ加工の高度化を支えるソリューションとして、業界に対して従来のフォトリソ法からインクジェットダイレクト製版方式への移行を提案し、フォトマスクレス化とエコ対応を促進させていきたいと考えております」。

HOMEに戻る

イラストレータ学ぶならこれ!
DTP用語集サイト推薦本です。
お勧め本
学校なんかより独学で学んでる人が現場では活躍しています。
この本でだめなら諦めよう!
ベジェ曲線学ぶならこれ!
DTP用語集サイト推薦本です。
お勧め本
学校なんかより独学で学んでる人が現場では活躍しています。
この本でだめなら諦めよう!
フォトショップ学ぶならこれ!
DTP用語集サイト推薦本です。
お勧め本
学校なんかより独学で学んでる人が現場では活躍しています。
この本でだめなら諦めよう!

ホームページ制作なら

ホームページの制作・SEO対策はお任せください。
www.sc-webs.com/

会社案内の制作なら

貴社の会社案内の製作は弊社にお任せください
www.sc-guide.com/

折込チラシの折りコム

折込チラシ・ポスティング広告デザイン・作成ならお任せ!
www.sc-orikomi.com/